幸せになろう!HSPのケンジアライブのブログ

40代独身男、世の中的には人生終わっていますがまだ生きています。HSPのケンジアライブがちょっぴり皆様のお役に立てれば、楽しんでもらえればハッピーです!

小笠原諸島の旅【はじめに】

f:id:kenjialive:20181013154558j:plain

こんにちはケンジアライブです。
皆さんは旅してますか?私は基本的には旅や旅行にはあまり興味がありません。
ですが、時々無性に行きたくなることがあり、1回目の仕事を辞めたあと(2004年以降)に何度か旅立ちました。

www.kenjialive.com

旅の目的は、人生を変えたいとか仕事のストレスを発散したいとかではなく、単純に行ったことがないところがあり楽しそうだから行ってみたいという衝動だけです。
また、四国88カ所遍路以降は人生は冒険と思っているため何かに挑戦したいという意味もあります。そのため宿泊や食事にはあまりお金をかけません。
とは言え、HSPですので無茶もあまりしません。私の旅は以下の特徴があります。

 

・費用は最小限に
・計画も最小限に(※行き当たりばったりもある)
・挑戦できそうな事があれば出来るだけやってみる
・地域の食べ物があれば食べてみる
・一人行動(※一緒に行く人がいない)

 

 

小笠原諸島に行った理由~

世界自然遺産に登録されてテレビでやっていたのを見ました。
小笠原諸島の素晴らしさと観光客が沢山来て自然が壊される懸念があり地元の人たちも色々な考えがあるという内容だったと思います。
当然私も一人の観光客なので行けば自然破壊が進みます。でも行きたいと思った今行かなければいつ行けるか分からないという思いで思い立ちました。
行くことを決めたら下記のように進めました。なお写真などは昨年3月に行った時の物なので最新ではありません。

日程を決める

 

小笠原諸島に行くには船で行くしかありません。船は毎日出ていないし最低6日間必要のため運航スケジュールを見て休みを確保します。
船は東京から父島へ出ます。母島へは父島から行きます。私はまだ父島しか行っていませんが初めての方はまずは父島で良いと思います。
父島だけでも時間は足らないと思います。

 

 

小笠原海運HP

時刻表・運賃│小笠原海運

 

f:id:kenjialive:20181013152512j:plain

 

船の往復チケットと宿を予約する

 

船のチケットは様々な方法で予約できますが、インターネットが手軽かと思います。
私は空きがなかったので予約できませんが、船と宿がセットになったお得プランの『おがまるパック』というものもあります。

 

おがまるパック│小笠原海運

利用できる場合は良いかと思います。
運賃は寝台によって異なります。私の場合は2室和室か特2等寝台しかなかったため後者にしました。片道1万3千円弱高いですが私の場合はプライバシーの空間が必要です。
1番おすすめは2等寝台だと思います。4千円弱の差でプライバシーがある程度得られます。

f:id:kenjialive:20181013152551j:plain

f:id:kenjialive:20181013152657j:plain

特2等寝台はこんな感じで超快適です。コンセントや空調も整っています。

f:id:kenjialive:20181013152713j:plain

わくわくしているので24時間はあっという間です。カメラなどを充電したりガイドを見て想像を膨らませたりしています。

酔い止めを準備しておこう

 

おっと、大事な事を忘れていました!

余程過去に船旅をして自信がある方以外は絶対に酔い止めを飲んだ方が良いです。乗船30分前に飲むのが良いとのことなので私も事前にネットで買っておき乗船前に飲みました。おかげで往路は全く気持ち悪くならず快適に過ごせました。

 

 

ちなみに個人的に小笠原諸島の旅で楽しかった事の一つは24時間の船旅です。旅にかかった費用や旅に持って行った物などはまた別にまとめてご紹介したいと思います。

インターネット予約サイト

おがさわら丸予約

 

もちろん船の往復チケットと同時に宿も予約します。 小笠原村観光協会から空き状況や予約を進めることができます。

www.ogasawaramura.com

 私はグリーンヴィラという宿にお世話になりました。旅館やホテル、ペンションとは違いシンプルに素泊まりで一部屋を借りたようなところでしたが気兼ねしなくて良かったですよ。ただカップルや家族の方などの記念旅行の場合はペンションやもう少し豪華なところが満足するかもです。地元の人との触れ合いなどもありますしね。

遊ぶ予定を決める

小笠原諸島の旅は下記のようなスケジュールになります。下記は私の場合です。
1日目 11:00東京発
2日目 11:00父島着 シュノーケリング体験、ナイトツアー
3日目 終日 南島観光とクジラウォッチングツアー
4日目 森の観光ツアー、夕陽を味わう
5日目 島内原付ドライブ
    15:30父島発
6日目 15:30東京着

私がやりたかったことは「クジラを見る」、「イルカと泳ぐ」、「海に入る」です。
実際には海の状況、天候などで理想通りではありませんでしたがとても楽しかったです。

小笠原村観光協会のサイトでは小笠原諸島での体験や予約が出来るので、あなたがやりたい事、決まっているのであれば事前に予約をしましょう。

www.ogasawaramura.com

 

f:id:kenjialive:20181013153943j:plain

 こんなに楽しめるアクティビティがあります!

 

(1日目に続きます)

©2018 kenjialive.com