幸せになろう!HSPのケンジアライブのブログ

40代独身男、世の中的には人生終わっていますがまだ生きています。HSPのケンジアライブがちょっぴり皆様のお役に立てれば、楽しんでもらえればハッピーです!

小笠原諸島の旅【1日目】

こんにちはケンジアライブです。
小笠原諸島の旅1日目をレポートしたいと思います。昨年3月末なので思い出しながら書きます。船やチケットなどについては下記をご覧ください。

www.kenjialive.com


さて、1日目は朝早く起きて新幹線で長野から東京に向かいました。
東京に着いたら電車で『東京港竹芝客船ターミナル』に向かいます。電車を降りて歩いて行く途中に同じように船に乗る人を何人かみかけました。モチベーション上がります。

詳細なアクセスや乗り方は小笠原海運のホームページをご覧ください。

乗り場案内│小笠原海運

チケット交換して乗船 

 

ターミナルに到着したら早速チケットの交換に向かいます。

f:id:kenjialive:20181015093443j:plain


チケット交換後はお昼ご飯に『島島弁当』を買いました。べっこう寿司です、写真を撮り忘れました。テンションを上げるにはおすすめです。

f:id:kenjialive:20181015093502j:plain


お菓子や飲み物なども少し買って、乗船の30分前になったら酔い止め薬を飲みました。

f:id:kenjialive:20181015093531j:plain

乗船時間になりました。船を近くで見るとわくわくします。小笠原諸島に外来物などを持ち込まないように靴の底を掃除します。

f:id:kenjialive:20181015093543j:plain

 

船に乗ったら想像以上に豪華で奇麗で驚きました。2016年に3代目になったばかりだそうです。

 

f:id:kenjialive:20181015093603j:plain

船に乗ったら屋上の甲板に行きました。

f:id:kenjialive:20181015093633j:plain

そこで事前に予約していた船から連絡が来ます。3日目の船でクジラやイルカを見に行くのが荒天が予想されるため中止にするとのことです。
でも他のところの大きい船であれば大丈夫かもしれないとのことです。
という事で、急いで他の船に連絡をして予約しました。小笠原諸島では到着日と出航日を除くと2日間しかありません。大金と貴重な6連休という普段絶対に取れない連休を使っています。自由時間にするというのもありますが、始めて小笠原諸島に行く場合は予定をぎっちり詰めた方が楽しめると思います。

 船旅

 

その後は船の中を一巡して見学します。ちなみに特2等寝台はカプセルホテルのような密閉型2段ベッドですが、普通の2等寝台は木製(風?)の2段ベッドでした。でも十分そうでしたよ。
また、買ったばかりのカメラの充電や説明書などを読んだりゲームをしたりしました。ただ出航後4時間くらいで電話は使用できなくなります。

夕食は食堂でカレーライスを食べました。理由は安かったから・・・

f:id:kenjialive:20181015093727j:plain

甲板で海を眺めたりシャワーを浴びたりして、わくわくして就寝しました。酔い止め薬を飲んでいたおかげで船酔いは全くなくぐっすり眠れました。

f:id:kenjialive:20181015094557j:plain

シャワールームは狭いですが全然快適です。

f:id:kenjialive:20181015093746j:plain

船は祖父の家が四国の徳島にあり、まだ大鳴門橋が出来る前に船で数時間乗ったことがある以外ほとんどありませんでした。

小笠原諸島の旅で楽しかった事(ベスト3も後で書こうと思います)の一つに、船に乗った事が挙げられます。

はじめての長時間(24時間)の船旅、船で寝る。非日常。奇麗な海、地平線まで海・空・雲以外何もない。解放感と閉鎖感。

昨年行った瀬戸の旅でも船に乗りましたが私が好きな乗り物は車でも電車でも飛行機でもなく船なのかもしれません。

 

1日目は船に乗っただけなのであまり書く事がありませんでした。2日目からは体験した事や島の感想など書いていこうと思います!


(2日目は下記よりどうぞ)

www.kenjialive.com

©2018 kenjialive.com