幸せになろう!HSPのケンジアライブのブログ

40代独身男、世の中的には人生終わっていますがまだ生きています。HSPのケンジアライブがちょっぴり皆様のお役に立てれば、楽しんでもらえればハッピーです!

初めての体験ダイビング!すぐに浮いてしまい迷惑かけたけど楽しい!【HSPのグアムひとり旅 2日目その①】

昨夜はビールを少々飲んだせいか浅い眠りでしたが、7時前に目が覚めました。幸い雲はあるけど晴れています。良かった~

 

グアムの朝

朝食と日焼け止めを買いに

申込んだS2CLUBグアム店からのお迎えは8時25分ですが、その前にお買い物をしなければなりません。

昨夜チャモロ亭からの帰りにABCストアーで購入したサラダが朝食です。写真のピーナッツみたいな形のナッツみたいな肉みたいな触感の塊が美味しかった。値段は$5.49です。

SALAD-MANDARIN CHICKEN

 支度をしてホテルから徒歩5分くらいにあるABCストアーに向かいます。日差しが強め~

グアムの歩道

お店に到着しました。

ABCストアー

 さて、何を買うかというと日焼け止めです。あと髭剃り用の電池。

グアムの強い日差しには日本では購入できない(並行輸入品はアマゾンにありました)SPF110という外国製の日焼け止めがオススメとの事でグアムで買おうと思っていたのです。お店の目立つところにたくさんありました!

日焼け止め売り場

ニュートロジーナというメーカーの製品が良いとのことですがお目当ての商品があり購入。

NeutrogenaのAge Shield face SPF110

 SPFというのは日焼けしてしまう時間を何倍遅らせられるかという意味みたいです。詳細は下記リンクをご参照ください。

日焼け止めのSPF・PAの意味と選び方-ドクターシーラボ公式通販

私は会社にグアムに行った事は内緒にしたいのでとにかく日焼けはしたくありませんでしたので迷わず一番強い110を選びました。

 結果的にこの日は快晴ではなかったのでそれほど強い日差しではありませんでしたが、翌日は快晴だったので大活躍でした。ほとんど日焼けしていません

 ホテルに戻り、日焼け止めを塗って、髭をそって、水着に着替えて準備します。事前購入したラッシュガードと水着は着てマリンシューズとダイビンググローブ、度付きマスク、ラッシュトレンカ、goproなどを持って行きます。

グアムひとり旅の前に足りなくて購入した物 - 幸せになろう!HSPのケンジアライブのブログ 

体験ダイビングにGO!

時間が来てお迎えが到着したので体験ダイビングに出発です。ミニバンにいろんなホテルからの人が乗っていました。S2CLUBの拠点まで車で30分くらいだそうです。 

S2CLUBに着いたらお金を払ってウェットスーツに着替えながら他の参加者をしばし待ちます。事故の場合の誓約書などもサインしました。ラッシュトレンカとダイビンググローブは使用しませんでした。

私は他の道具一式自前でしが、水着以外はマスクもマリンシューズも全部貸してくれますのでこだわらない人は手ぶれでOKですよ。

f:id:kenjialive:20181206131344j:plain

S2CLUB

私は3名のグループと一緒の合計4名の班になりました。全員揃ったので近くの浅い所に車で出発です。10分くらい。ちなみに私は『体験1ビーチ+ウミガメ1ボートダイビング』というコースに申し込みましたので2回潜ります。

1回目の体験ダイビング

生憎の曇りですが着いたら、重りを付けて(4個)、マリンシューズを履いて、ボンベを背負わしてもらってマスクを付けて準備します。

天気は曇り

ボンベを始めて背負う

結構重く歩くとふらふらします。海に入ると重さはあまり感じなくなります。 

体験ダイビングなので細かい事は教えてもらいません。必要最低限の内容を教えてもらいます。

  1. マスクの付け方(髪の毛が挟まらないように注意)
  2. 水が入った場合の水中での抜き方
  3. 耳抜きの仕方
  4. 耳抜きは小まめにすること
  5. 空気の吸い方(ウの口の形で呼吸する)
  6. 海の中の姿勢(ボンベが重いので前掲)

他にもあったかもしれませんが、おおざっぱに言うとこんな感じです。

少しの間顔をつけたりして耳抜きとマスクの水の抜き方などを練習します。

緊急時や異常時の対応などはあまり触れません。まぁ体験なので一番深く潜っても10メーターくらいだし、実際そこまで私の班は深く潜りませんでした。

インストラクターの人が引っ張る縄につかまりながら実際にダイビングスタートです。

体験ダイビングの写真

あまり良い写真は撮れませんでしたが上の写真はインストラクターの方が撮ってくれました。魚は本当にたくさん泳いでいて浅くても感動です。呼吸は普通に出来るので問題ないのですがマスクに水がすぐに入ってきてしまい耳抜きとマスクの水抜きばかりやっていました。

耳抜きは鼻を抑えて耳に空気を送る感じですが、唾をのみ込んでも出来るので個人的にはそっちの方がやりやすかったです。でも唾が上手く呑み込めない時もあるので併用する感じですね。

怖さはあんまりなかったですが、マスクに水が入りすぎると軽くパニックになりそうになるので落ち着くように心がけていました。

30分くらいで1回目は終了し拠点に戻ります。

2回目の体験ダイビング

拠点で少し休憩して最初の人たちの船が戻ってきたら2回目のボートダイビングに出発です。ウミガメが見れるポイントですが果たしてどうなるでしょうか。

f:id:kenjialive:20181206134349j:plain

ボート

※遅い出発の人は1回目と2回目の間にランチを食べます。個人的には食欲はそんなになかったので早い出発の方で問題ありませんでした。

酔い止めを飲むのを失念してしまったためボートが不安でしたが、15分くらいで着くので問題なしでした。ただ出発したらすぐにスコールに会い土砂降りになりました。

スコール

晴れてきた

ポイントに着く時にはスコールは止んで晴れてきました。ファンダイビングの人たちは先に海に潜ります。私たちの班も準備して海に入りました。

f:id:kenjialive:20181206134541j:plain

海に入る

f:id:kenjialive:20181206134604j:plain

ロープをつかみながら

f:id:kenjialive:20181206134629j:plain

インストラクターに引っ張られていく

なぜか私の場合深く潜ろうとするのですが体が浮いてしまい潜れません。ロープに引っ張られるだけなのが残念です。他の人は沈んでいる人もいたので何でかな?重りが3個だったからかな。

カメラもしっかり構えて撮影したいのですが気を抜くと耳抜きがおろそかになって傷んだり、マスクに水が浸入したりとあまり余裕がありませんでした。結果的に良い写真は撮れませんでした。ごめんなさい。

f:id:kenjialive:20181206135026j:plain

海の中1

f:id:kenjialive:20181206135048j:plain

海の中2

f:id:kenjialive:20181206135102j:plain

ニモ?

本当はもっとたくさん魚がいたのでそんな魚だらけの写真をお見せしたかったのですが・・・

それでも楽しい時間はあっという間に終わり体験ダイビング2回目が終了になりました。船に戻って他の班が全員戻ったら帰港です。

私は残念ながらウミガメや大型の魚などは今回見ることはできませんでした。でも他の班の女の子達はウミガメとか見たようなので運もありますね。私は見れなかったのは残念ではなく、『ダイビングのライセンスを取りなさい』という海の女神さまのメッセージだと思う事にしました。見れてたら満足して終わっちゃったかもしれないし。

体験ダイビングの良かった点と気になった点

【良かった点】

  1. 海に潜るのは普通に息が出来るので思ったより恐怖感はない
  2. 耳抜きは慣れてくれば大丈夫そう
  3. マスクの水侵入(多少は常に入ってきます)は付け方を練習しよう
  4. 度付きマスクは弱めの度を選んで正解でした海の中でも視界良好!
  5. キューバダイビングのライセンスを目指す前に体験しとくとイメージしやすい
  6. サメが心配だったが、そもそも大型の生き物は何にもいなかったので確率は低そう

【気になった点】

  1. 当たり前ですが機器の役割が分からず言いなりなので不具合があるのかないのか分からず若干心配
  2. いきなり海の中にロープに引っ張られて入っていくのでインストラクターの人が考えてやっていると思うけど何か起こったらどうしようという不安感
  3. ロープを話して自由に泳ぎたい衝動にかられる
  4. 浮き沈みのやり方が分からず今回は沈まずに迷惑を掛けてしまった

興味がある方の参考になれば嬉しいです。ただしこの記事は私が体験した範囲内での感想です。実際に気になった点もあり怖い思いをされている方もいますので体験する場合は自己責任でお願い致します。

私は新しい世界を見れたので楽しかった、スキューバダイビングのライセンスを取りたくなっています。
読んでいただいてありがとうございました。

 

2日目その②に続きます。下のリンクからどうぞ。

www.kenjialive.com


©2018 kenjialive.com