幸せになろう!HSPのケンジアライブのブログ

40代独身男、世の中的には人生終わっていますがまだ生きています。HSPのケンジアライブがちょっぴり皆様のお役に立てれば、楽しんでもらえればハッピーです!

FUJIのポケットWifiで通信費削減!

こんにちは、ケンジアライブです。

以前スマホをやめてFUJI WifiのポケットWifiレンタルに変えた事を書きましたが、その後2カ月くらい経ちましたが改めて書きたいと思います。

最初に結論ですが下の条件が当てはまる方は、スマホからポケットWifiに変更すると毎月の通信費がお得になるかもしれません。

  1. キャリアがソフトバンク
  2. 機種変更の残債が1年以上残っている(新規の方は端末の購入条件などで無理かもしれません)
  3. 一人暮らし(家族のWifi利用がない)
  4. ヘビー通信者ではない(無制限だと割高になる場合や不便な場合がある)
  5. 複数端末の持ち運びが不便に感じない方

以下、理由です。

通信費について

 私の場合の過去、現在と今後について表にしてみました。スマホはiphone7の128GBでプランは5GBです。月々の機種代は4140円で月月割は税込2805円で残債が1年残っていました。

f:id:kenjialive:20181111112045j:plain

 現在は②の状態です。それでも毎月の通信料が3割以上削減できました。ちなみに、手数料や2年縛り解約料などは含んでおりません。

 

スマホからポケットWifiに変えたメリット

  • 通信費が大幅削減、残債が終了した1年後(③)には半額まで減少予定
  • スマホの場合は5GBのプランだったので外で動画などは見れなかったが、今ではどこでも動画が見れる!通信量を気にする必要がなくなったので生活が変わった!

スマホからポケットWifiに変えたデメリット

  • 外出する時に今まではスマホだけ持っていけばよかったが、今はガラケー端末(元スマホポケットWifi3つ持ち歩かなければいけない
  • ポケットWifiを忘れると通信が全く出来ない
  • 家にいない時は家族がWifiを使えない ←重要!
  • 通信量が多い人はポケットWifiを無制限プランにすると料金が高い場合や、制限がかかってしまう場合がある

もし現状で格安SIMに乗りかえたら…

 さて、当初は格安SIMに乗りかえようと思っていたのですが、機種代金と月月割りが1年分残っている状況で計算してみる(表の【番外】参照)と、4万円くらい損なので機種代を完済するまではガラケーにして割引をもらっておいた方が無難という結論になりました。

幸いソフトバンクは2018年9月の時点では持ち込み機種変更では月月割りを残した状態でも機種変更可能で割引も継続できました。ただし、毎月の料金は機種変更代金以下にはなりませんので注意が必要です。

www.softbank.jp

 

~私の機種変更の手順~

(1)白ロムのガラケーを手に入れる。私はメルカリで買いました。

(2)ソフトバンクショップに行って機種変更(手数料3000円)。従業員の方に月月割りがなくならないか十分確認してプランを選び手続き

※私の場合はすんなり出来ましたが苦労している方もいらっしゃるようです。SIMの店舗在庫状況の確認など十分調べてから自己責任でお願いします。

※ドコモ、auの場合は割引が継続するか不明ですのでご注意ください。

 

 今後は残債が終了したら、格安SIMに乗りかえようかと思っていますが、iphoneが2年経つので過去の経験では壊れてきそうです。そのためSIMフリー版を買って格安SIMにするか、アンドロイドの安い端末を買って格安SIMに乗りかえるか検討していこうと思っております。

 また、ポケットWifiも現在のFUJI Wifiより安いところがあれば乗り換えるかもしれません。FUJI Wifiのメリットは期間縛りがない点です。

読んでいただいてありがとうございました。

©2018 kenjialive.com