幸せになろう!HSPのケンジアライブのブログ

40代独身男、世の中的には人生終わっていますがまだ生きています。HSPのケンジアライブがちょっぴり皆様のお役に立てれば、楽しんでもらえればハッピーです!

パワハラ

こんにちは

いま女子体操のパワハラ問題が世間を賑わせておりますが、ふと自分の過去も思い出しました

私は大学卒業後、特にやりたい事がなく実家から通えるという意味だけでスーパーマーケットに入社しました(内定を貰えたのは1社だけで決まったら就職活動を終了するダメ人間でした)

さて、スーパーの生鮮部門は野菜、魚、肉があります

私は別にどれも好きではなかったですが魚屋に配属されました

魚釣りが趣味でもなく魚を日頃から触る事はなかったですが、比較的すんなり魚屋の下っ端になりました、ちなみに3年でやめてしまいましたが、3年間ひたすら魚を切っていただけなので魚を捌く以外のスキルは何一つ身に付きませんでした(出世すると売り場を任されたり、店長になったりバイヤーになったり可能性は広がります)

※ここら辺の15年前のスーパーの魚屋の業務はまた今度詳しくお話したいと思います

 

私の最初の配属店舗の上司(と言っても3~4歳年上)はすごく仕事が出来て、人間としても憧れる存在でした、将来この人を目指して頑張ろうと燃えていました

本社では定期的に同期の魚屋が集まって基本的な研修を受けてましたが、良い悪いは別にして、技術は盗むという雰囲気も少しはあったものの、上司は丁寧に教えてくれました(器用な方ですが包丁さばきは不器用でした…)

その後2年半くらいで2人目の上司になりましたが、その人も良い人でした(仕事は1人目の上司の方が優れてた)

さて、その後すぐに私に異動があり店が変わりました、店が変わると当然ですが同じ魚屋でもやり方がガラッと変わります

私も最初はやる気があったので頑張ろうとしたのですが、3人目の上司が最低でパワハラにあい、すぐ精神が壊れ始めたので割り切って辞めました、異動してから2か月も耐えられなかったかな

自分でやらないくせに短気ですぐ切れる奴でした(まぁ自分が仕事が出来なかった事も多少あります、でもそうだとしても異動して、必死で努力している状況で切れられたら無理ゲーです、今でも大嫌いなので少し言葉が悪くすみません)

前々から同期の青果配属の人が売り場で倒れたとか少し聞いていましたが、他人事だと思った事が自分に現実に起こったわけです

 

今振り返って思うことは、仕事や職場って本人に関係なく『運』要素があるってことです

魚屋の仕事自体は嫌ではなかったので1人目の上司にまた会える日を目指して頑張りたかったのですが…

その後の失業中に遍路して、車中泊で放浪して、縄文杉を見に行って、1年以上だらだらしましたが良かったと思います

悩んでいる方(特に若い人)は別に今の仕事辞めたって違う未来があるので問題ないと思いますよ、心が壊れるよりまし

※毎日投稿に挑戦中のためラフでも公開します、随時加筆修正します

©2018 kenjialive.com